ジーンズを洗うのか問題

先日、EVISU小山ハーヴェストウォーク店で購入したジーンズ。

スタッフの蓬田先輩に「ジーンズ洗いましたか?」

申し訳ございません。クローゼットに突っ込んだままです。

 

そもそも、ジーンズは洗うものなのでしょうか。

基本的に、EVISUのデニムは、縫製後、洗いをかけずに納品されてきます。

糊も付いたままですし、洗うと縮み、色落ちもします。

当店では、その中から抜き出し、洗濯、乾燥。縮みのサイズ、色落ち具合を確認。データを残して、お客様へ商品の特徴をお伝えし販売しています。

 

お客様の好みによって、洗濯(WASH)済みをお買い求めになられる方。前にも紹介しましたが、ご自身の手で愛情を持って洗濯、乾燥し、その後、丈詰めをされる方もいらっしゃいます。

ジーンズは、先に丈詰め(データで縮小率を把握)をして、自宅に持ち帰ることも可能。

ですが、左右の縮み差が出ますので、おススメはしません。

 

顧客様に学ぶべく、デニム愛を深めるべく、洗濯、乾燥を自らの手で行おう!と思い立ったのです。

そもそも、購入したジーンズをほとんど洗わない!というお客様も大勢いらっしゃいます。

私も、若い頃は洗いませんでした。芸能人のジーンズコレクターみたいな人が、ジーンズは洗わない!と、おっしゃっていたのを鵜呑みにしていた時期もあります。

 

間違いなく、洗った方が良いですね。

汚れますから。

臭いますから。

男子はとくに、臭いますから。

 

色落ちが楽しいですね。

はいている人のライフスタイルが見えてきますし、様々な癖(アタリ)が現れてきます。楽しい。

デニムの産地、とあるメーカーさんでは、地元の色々な職業の人がはきこなしたジーンズを販売したりしています。

シェフだったり漁師さんだったり、包丁を擦る跡が残っていたり、職業によって様々な色の落ち方、アタリの出方。

 

この1本は、私が初めて、EVISU小山ハーヴェストウォークで購入したモノ。WASHしたモノを購入し、2、3年はいたかな。

何回か洗っています。まだまだキレイですが、アタリは出てきています。

デニムって楽しいですね。

 

ぜひ、EVISU小山ハーヴェストウォーク店にご来店下さい。

スタッフが、丁寧に接客をし、お客様に求められれば、しっかりと商品知識をお伝えしています。

洋服を大切に扱い、愛情を持って販売しています。

オシャレなお客様と楽しい時間が過ごせます。

洋服屋って楽しいですね。