ラブサンシャインは、エロい会社ではございません。

重ねて申し上げますが、 株式会社ラブサンシャインの代表である私も、エロい人間ではございません。

 

 

日暮里という怪しい街にある ラブサンシャイン。

ホームページを作成する会社から電話での営業。

 

「無料でHPを作成させて頂きますが、いかがですか?」

「結構です!」

「やっぱり、無理系ですか?」

「・・・無理系?」

「やっぱり、あっち系ですよね?」

「・・・ハイ。あっち系です!」

 

無理系とは、なに系でしょうか?

あっち系とは、どっち系なのでしょうか?

 

幼馴染の友人に、会社を引っ張っていく社長は、強烈なキャラを立てねばならない!と言われています。

キャラかぁ。

迷い続けています。

普通に、静かに、目立たない様に生きていきたい。

でも、仕事だからなぁ。

会社のためと言われるとなぁ。

 

日暮里の駅前では、夜な夜な・・・

ガールズバーの呼び込みのオネーさんに声をかけて頂けます。

毎晩、長い後ろ髪を引かれる思いで、お断りしています。

 

ガールズバーの綺麗なオネーさんからの誘惑を断った後には、アジア系のセクシーオバヤンから、エロいマッサージのお誘いを受けます。

毎晩、長い後ろ髪を引かれる思いで、お断りしています。

 

先日のカラオケ・オバヤンといい、やたらモテます。

世の女性達には、どの様に映っているのでしょうか?

私は、どの様なキャラクターなのでしょうか?

 

ラブサンシャイン は、光り輝く、キラキラとしたイメージで、

LOVE 好 SUNSHINE 晃 なのです。

太陽の光がさんさんと降り注ぐ、ひだまりコート に事務所を構えているのです。

 

キャラかぁ・・・答えが見つかりません。