思いやりの心

近所のお寺の掲示板に貼ってありました。

 

 

春風(しゅんぷう)をもって人に接し、

秋霜(しゅうそう)をもってみずからつつしむ。

 

江戸時代の儒学者、佐藤一斉(さとういっさい)の言葉だそうです。

 

素敵です。

簡単に出来る事では無いのですが、心に留め置き心掛けたいものです。

 

先日、栃木の友人から連絡があり、上野のアメ横のガード下で飲みました。

婚約をした彼女と、結婚指輪を受け取りに銀座へ行った足で、私に紹介してくれるべく、わざわざ上野へ。

 

箱入り娘の彼女は、アメ横が初めてで、本当にアメリカにあると思っていらっしゃいました。

銀座から、ガード下の居酒屋へ。

しかも道端、丸椅子、お尻が痛い・・・。

 

うれしかったです。

40歳の彼が、やっと結婚することが、うれしかったし、

わざわざ、私に紹介して下さったことが、うれしかった。

結婚指輪をはめて、記念すべき日に・・・。

うれしかったです。

 

彼の様な清々しさを真似たいです。

彼の様に 春風をもって人に接し たいと思います。