LOVESUNSHINE BACKPACKERS!!

株式会社ラブサンシャイン は、

西浅草(合羽橋)にゲストハウス

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

を開業します。

 

30年前、初めての海外旅行が、バックパックと寝袋を担いでアメリカ周遊でした。

アラスカ・フェアバンクス郊外の山小屋で見たオーロラは、感動的でした。

 

翌年、一人旅の魅力に取りつかれた私は、憧れの地インドへ。

椎名誠、妹尾河童、沢木耕太郎の影響を受け、地球の歩き方を片手に、真夜中のデリー空港に降り立ちました。

 

当時のデリー空港は、そりゃもう寂れていました。

しかも、国際空港であるにも関わらず、電灯が少なく、真っ暗で人もまばら。

めちゃくちゃ恐ろしかったです。

 

途方に暮れて、空港のロビーで一夜を明かす事を覚悟した私に、一人の日本人が声を掛けて下さいました。

 

彼は、学生時代にインドを旅し、社会人になって長期休暇を取得して再度、インドを訪れたそうです。

‘インドには二度と来たくない!’ という人と、

‘インドにハマる’ という人に分かれると言っていました。

 

二人でオートリクシャーに乗って、メインバザールで目星を付けたゲストハウスに飛び込みました。

私のゲストハウスを巡る旅の始まりです。

 

 

バラナシの極安ドミトリーは、強烈でした。

滞在期間の長い古株にならないとマットレスに在りつけず、土間に敷物を敷き、荷物を盗まれない様に胸に抱えて寝袋に潜り込む。

 

朝起きたら・・・隣に、猿が寝ていました。

どうやら ‘インド人の猿使い’ が泊まっていたみたいです。

さすがに、お猿さんとの同部屋は堪えました。

 

 

アグラーからの夜行列車。

現地で仲良くなったミッキー(インド人なのに名前が洋風)と映画を観ていて、

発車時刻ギリギリにバイクで駅まで送ってくれました。

 

「ラブサンシャイン、あの電車だ、飛び乗れ!」

「ミッキー、ありがとう! ナマステ~」

 

お~い、ミッキー!

全然、違う列車じゃん。

しかも夜行特急、当然、私の席は無し。

 

親切な家族連れが、向かい合う寝台シートの足元を空けて下さいました。

床に寝袋を敷いて寝たのですが、とても安心して熟睡出来たのを覚えています。

 

早朝に起こして下さり、朝食も分けて下さいました。

紙にヒンディー語で、乗換駅と間違って乗車した事を書いて下さり、

駅員に見せろ! と持たせて下さいました。

 

今でも忘れられない貴重な経験です。

 

 

汚くて、臭くて、騙す人がわんさか居て、貧富の差が激しくて、

見るもの見るものが強烈で、刺激的で。

 

悲しい思いをいっぱいしました。

多くの人に出会い、多くの人に助けてもらいました。

 

 

インドが、私の旅の原点です。

 

ゲストハウスを始めます。

西浅草 LOVESUNSHINE BACKPACKERS!