「トップページ掲載NEWS」カテゴリーアーカイブ

台風の影響でスタッフの皆さんは大変でした。

ダイソンの掃除機を買いました。

 

嫌な事、イライラする事があると、ついつい衝動買いをしてしまいます。

 

今朝は台風の影響で、スタッフの皆さんの出勤が大変な負担となりました。

店のオープンに間に合わせるべく、朝早くから駅での列に並んで下さり、大変な思いをして出勤して下さいました。

 

緊急時の連絡対応で、休日にも関わらず駆けつけてくれた店長もいます。

 

が、ショッピングモールや百貨店の開店時間が、土壇場で急に変わるのです。

 

判断、決断が、とにかく遅い。

 

現場でお客様や販売スタッフと向き合っている方々には決定権が無く。

責任のあるお偉い人は、ぬくぬくとして現場にはいないのです。

 

お客様が最優先でしょうが、働いているスタッフの事をもう少し考えてもらいたい。

働いているスタッフの安全を無視して、お客様うんぬん、売上うんぬんは・・・クソだ。

 

台風や地震、イレギュラーの際、緊急時の対応が、組織の真価を問われると思います。

改めて、自社の在り方、自分自身の存在意義を自問自答します。

 

嫌な事、イライラする事があると、ついつい衝動買いをしてしまいます。

 

掃除が、好きではありません。

今朝は、浅草ゲストハウスの前を綺麗に掃除して来ました。

 

 

 

株式会社ラブサンシャイン 4期目のスタート

株式会社ラブサンシャインは、

8月1日から第4期目をスタートすることが出来ました。

 

この日、

不動産の賃貸契約を結び、

旅館業、飲食業の許可申請を得た

 

西浅草の

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

社員の皆さんに集まってもらい、

お披露目会と現状報告を行いました。

 

 

2017年の2月に創業し、

私のわがままに付き合って下さったスタッフの皆さん。

 

 

お陰様で、2年と半年が過ぎ、無事に3期の決算を締めることが出来そうです。

 

決して余裕は無いけれど、

決して充分では無いけれど、

決して満足は出来ないけれど、

 

皆で仲良く仕事を続けることが出来ています。

 

社員の皆で集まってみて、

素直で可愛い子達ばかりだと、再認識しました。

 

パートさん、アルバイトさん、

スタッフの皆さんに感謝します。

 

前途多難ではありますが、

全社一丸となって頑張っていきたいと思います。

 

多くのお客様、地域の皆様に愛される売り場であり、スタッフでありたいと思います。

 

株式会社ラブサンシャイン

 

経営理念:笑顔と感動が溢れる売り場と共に

 

経営方針:明るく楽しく元気よく、皆で仲良く頑張りましょう!

 

2019年経営目標:夢を語り合い未来をつかむキラキラ輝く楽しい会社

EVISIU小山店、閉店しました。

ありがとうございました。

令和1年6月30日をもって、EVISU小山ハーヴェストウォーク店を閉店しました。

 

多くのお客様に、ご利用頂いた当店。

商品もお客様も、とにかく濃い店でした。

ビビるくらい個性的で、泣けるくらい愛すべきお客様に支えられた店でありました。

 

閉店までの半年間を売り場に立たせてもらい、素敵なお客様方から多くの刺激を得ました。

 

閉店に伴い、わざわざ遠くから来店して下さり、声を掛けて下さり、私にもプレゼントを頂き・・・感動的でありました。

本当にありがたいです。

スタッフの皆の仕事ぶりを再認識しました。

売り場から離れすぎていた自分自身に反省し、毎日売り場を守って下さっている弊社のスタッフの皆さんへの感謝の気持ちを改めました。

 

お客様に、感謝。

スタッフの皆に、感謝。

 

売り場での接客販売の尊さ、人とつながる事の楽しさを噛みしめ、私は西浅草でのゲストハウスのオープン準備に取り掛かるのです。

 

8月1日オープンを目指し、

西浅草ゲストハウス

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

皆様とお会いできるのを楽しみにしております。

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!!

株式会社ラブサンシャイン は、

西浅草(合羽橋)にゲストハウス

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

を開業します。

 

30年前、初めての海外旅行が、バックパックと寝袋を担いでアメリカ周遊でした。

アラスカ・フェアバンクス郊外の山小屋で見たオーロラは、感動的でした。

 

翌年、一人旅の魅力に取りつかれた私は、憧れの地インドへ。

椎名誠、妹尾河童、沢木耕太郎の影響を受け、地球の歩き方を片手に、真夜中のデリー空港に降り立ちました。

 

当時のデリー空港は、そりゃもう寂れていました。

しかも、国際空港であるにも関わらず、電灯が少なく、真っ暗で人もまばら。

めちゃくちゃ恐ろしかったです。

 

途方に暮れて、空港のロビーで一夜を明かす事を覚悟した私に、一人の日本人が声を掛けて下さいました。

 

彼は、学生時代にインドを旅し、社会人になって長期休暇を取得して再度、インドを訪れたそうです。

‘インドには二度と来たくない!’ という人と、

‘インドにハマる’ という人に分かれると言っていました。

 

二人でオートリクシャーに乗って、メインバザールで目星を付けたゲストハウスに飛び込みました。

私のゲストハウスを巡る旅の始まりです。

 

 

バラナシの極安ドミトリーは、強烈でした。

滞在期間の長い古株にならないとマットレスに在りつけず、土間に敷物を敷き、荷物を盗まれない様に胸に抱えて寝袋に潜り込む。

 

朝起きたら・・・隣に、猿が寝ていました。

どうやら ‘インド人の猿使い’ が泊まっていたみたいです。

さすがに、お猿さんとの同部屋は堪えました。

 

 

アグラーからの夜行列車。

現地で仲良くなったミッキー(インド人なのに名前が洋風)と映画を観ていて、

発車時刻ギリギリにバイクで駅まで送ってくれました。

 

「ラブサンシャイン、あの電車だ、飛び乗れ!」

「ミッキー、ありがとう! ナマステ~」

 

お~い、ミッキー!

全然、違う列車じゃん。

しかも夜行特急、当然、私の席は無し。

 

親切な家族連れが、向かい合う寝台シートの足元を空けて下さいました。

床に寝袋を敷いて寝たのですが、とても安心して熟睡出来たのを覚えています。

 

早朝に起こして下さり、朝食も分けて下さいました。

紙にヒンディー語で、乗換駅と間違って乗車した事を書いて下さり、

駅員に見せろ! と持たせて下さいました。

 

今でも忘れられない貴重な経験です。

 

 

汚くて、臭くて、騙す人がわんさか居て、貧富の差が激しくて、

見るもの見るものが強烈で、刺激的で。

 

悲しい思いをいっぱいしました。

多くの人に出会い、多くの人に助けてもらいました。

 

 

インドが、私の旅の原点です。

 

ゲストハウスを始めます。

西浅草 LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

 

 

 

 

 

LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

株式会社ラブサンシャインは、

西浅草(合羽橋商店街)で ゲストハウス

LOVESUNSHINE BACKPACKERS! をオープンさせます。

ラブサンシャインの創業が、2017年2月。

2019年7月31日で、3度目の決算を終える予定です。

スタッフの皆さんのおかげで、順調に推移していますが、会社として将来への不安要因は尽きません。

 

そこで、

4期目をスタートさせるにあたり・・・

ゲストハウス LOVESUNSHINE BACKPACKERS!

 

なんで・・・なぜ、ゲストハウスなのかは長くなるので次にしますが、とにかく後先を考えず、好晃(ラブサンシャイン)は、やっちゃうのです。

 

ベッド数14床の小さな宿ではありますが、皆がワイワイと集える温かい場を作ります。

 

8月1日の開業を目指し準備を進めているのですが、私は全くの素人。

誰か手伝って下さいませんでしょうか。

 

社内で募ったものの、スタッフの皆は、私の事を完璧なまでに無視するのです。

オヤジが、また突拍子もない事を思い付いて、勝手に走り出した・・・と迷惑顔。

 

私は孤立無援。

助けて~っ。

 

まだ何も決まっていませんいちからです。

運営を手伝って下さる方、アドバイスをして下さる方が、いらっしゃいましたら連絡下さい。

一緒にゲストハウスやろうぜ!

 

#ゲストハウス経営

#創業

#独立支援

#副業

#旅好き

#外国人歓迎

#BACKPACKER

 

 

 

EVISU小山店 閉店のお知らせ

小山ゆうえんハーヴェストウォークで

フランチャイズ店として運営させて頂いてきた

EVISU小山店

このほど令和元年6月30日を最終営業日とし、閉店する事となりました。

 

多くのお客様に愛用して頂きました。

お客様との繋がりが濃く、魅力的な売り場でありました。

 

施設との賃貸契約が切れる事、スタッフの健康状態やシフトでの負担を考慮し、フランチャイズでの契約をお断りしました。

 

閉店まで一ヶ月、出来る限り多くのお客様に感謝の気持ちをお伝えしたく、皆様のご来店をお待ちしています。

 

 

 

大好評の銀行シリーズ

福山雅治のドラマ「集団左遷!!」 視聴率が高いらしいですね。

私も観ています。

面白いです。

 

福山雅治さんと私、同い年です。

全然、違いますね。

 

銀行さんとのやり取りをブログにすると、周囲のオジサン達はとても喜んで下さいます。

私が、木っ端微塵に打ちのめされると、キャッキャ・キャッキャして下さいます。

 

普段よっぽど苦労されているのですね。

 

ラブサンシャインと銀行さんとの戦いは続いております。

 

日本橋店で商談をした後日・・・

 

福山雅治:「先日の件ですが、ぜひ一度、御社に伺わせて頂きます。」

ラブサンシャイン:「いやいや、私から伺いますって!何なら電話で結構です。」

福山雅治:「上席からの指示で、御社の様子を見てから判断せよと言われました。」

ラブサンシャイン「・・・。」

 

福山雅治が日暮里にある事務所にやって来ました。

 

掃除をして、余計な物を片付けて、来客用スリッパを購入して、ペットボトルのお茶を出しました。

 

福山雅治:「ココが御社の本社ですか?」

ラブサンシャイン:「ココが弊社の本社、4坪ワンルームでございます。」

福山雅治:「頑張ろう!諦めたらそこで負けだ。」

 

全然、諦めてませんし、負けてもいません。

どちらかというと、くどくてシツコイ性格です。

分をわきまえていますから、頭を下げてお願いしているのです。

再度、日本橋支店に呼び出されました。

ほぼほぼ、当方の希望を叶えて下さいました。

 

諦めたら負けですね。

福山雅治さんは、いい人でした。

 

腰、やっちゃいました。

今、読んでいる本が

塩野七生:著  十字軍物語

イェルサレムをめぐるヨーロッパと中東の物語。

 

ドキュメンタリー映画:アレッポ 最後の男たち

を観ました。

内戦の続くシリアの街、アレッポでのドキュメンタリー。

 

中東に興味が湧いてきました。

日本に産まれ、日本で生活出来ている自分が、どれだけ幸せであるかを痛感します。

 

腰が痛いのです。

激痛よ!

 

お客様に「腰が悪いから、大変なんだよ。」

と言われても、いまいちピンとこず

「へぇ、そうなんですかぁ」だった私。

 

めちゃくちゃ痛いですね。

寝返りがうてない。

パンツの脱ぎ着が出来ない。

腰を屈めると、激痛が走るのです。

 

夢を見ました。

なぜか古い旅館で宴会をしていてウンコがしたくなった。

トイレに行くと、個室は2つ。

 

1つめを開ける・・・用具置き場。

おいおい、早くしないと漏れるじゃないですか。

 

2つめを開ける・・・和式。

む~り~っ、屈めないって、漏れる~っ。

 

目が覚めました。

這うようにしてトイレに行き、用を足しました。

うちのトイレには、ウォシュレットが付いていません。

 

近代の日本で、世紀の大発明であるウォシュレットのない生活を送っている私。

昭和の時代に来日した、マドンナやマイケルジャクソンも買って帰ったウォシュレット。

 

健康であることに感謝し、

スタッフの皆さんが、健康で穏やかな毎日を過ごして下さる事を願います。

東京 日本橋

東京日本橋。

三越本店があり、日本銀行があり、コレド室町があり、福徳神社があり・・・

田舎者の私にとって、お江戸っぽい、素敵な場所だなぁと思っていました。

 

その日本橋の中心、日本橋三井タワー、三井本館(重要文化財)に隣接する 元三井住友銀行本店(現日本橋支店)に伺いました。

もちろん、スーツを着て、無精ひげも剃って行きました。

 

大理石、ステンドグラス、天井が高い、空間が広い、重厚感が・・・

場違いな場所に来てしまった。

 

ビビりました。

緊張しました。

 

応接室に案内して頂きました。

歴史を感じさせる中に品の良さと重みがある。

 

完全に雰囲気にのまれました。

商談で、半沢直樹に呼び出され、わざわざ伺ったのですが・・・

 

お茶は出ませんでした。

淡々とした口調で有無を言わせない。

かなりボコボコにやられました。

 

 

「やられたらやり返す、倍返しだ!」

丁寧にお見送りをして頂いて、銀行を出てから・・・小さくつぶやきました。

 

 

 

表参道ヒルズ店がオープンしました。

本日2月22日 にゃんにゃんにゃんの日、DADWAY と エルゴベビー の複合ショップが、表参道ヒルズのB1にオープンしました。

当店を弊社 ラブサンシャイン で運営させて頂きます。

 

エルゴベビー の直営店は、ライズ二子玉川店に続き、全国で2店舗目です。

 

多くのお客様、パパママ、赤ちゃんに愛される売り場であるべく、スタッフ皆が笑顔で接客させて頂いています。

まだまだ不十分で、課題も多い会社ではありますが、スタッフの皆さんと共に、一歩一歩確実に成長していきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いいたしますニャン。